全身脱毛後に汗やニオイが気になる原因

全身脱毛をしようと思ったときに情報を集めていると、汗の量が多くなる、ニオイがきつくなるなどの情報が目に入りました。ですが、脱毛のシステムを考えると到底そういった副作用があるとは思えません。にもかかわらず、そう感じているかたが多いということに不思議に思いました。

全身脱毛を行う手段は主にエステサロンの光脱毛か医療機関のレーザー脱毛ですが、どちらも照射する光の波長や威力の違いのみで、基本的には黒い毛のみに作用するものです。汗腺にも体臭を発生させるシステムにも関係がないものなので、全身脱毛をしたからといって汗かきになったりニオイが気になり始めるわけではありません。

エタラビは一回の施術でも良さがわかる

ただし、毛があることで身につけている洋服と肌の間のクッションになったり、汗が絡まって留まりやすくなります。それがなくなるのですから、洋服は肌にくっつくようになりますし、汗をかいたときに流れる感覚がダイレクトに伝わるようになります。そのことで汗の量が増えたように感じるかたが多いのです。実際に全身脱毛をしている最中の私も、スキニーパンツなどのフィットする服を着たときにぺたっとする感覚を覚えますし、ワキなどもべたつきます。ニオイに関しては本来なら毛につきやすい雑菌がなくなるために、むしろ薄らぐはずなのです。それでもニオイがきつくなったと感じるのは、汗をこまめに拭かなかったり汚れた服をそのまま身につけているからに他なりません。つまり、日頃の習慣によるものです。

全身脱毛による多汗症やニオイの原因は、脱毛そのものではなく精神的なものです。気にしすぎることで本当に汗の量が多くなりニオイやすくなりますので、脱毛の仕組みをきちんと理解して関係がないことを知ることが大切です。

Comments are closed.